ポルカウエーブ / Polka Wave
ニット、ポリスチレン、ポリウレタン、スチール
約30cm✕約40cm✕約7cm
2019

 立体編み込みによる規則的な起伏が連なる幾何学文様は、無響室(防音室)から発想されたデ ザインです。無響室の壁、床、天井はそれぞれ音波を吸収する仕組みになっていますが、 この作品の丸くふわふわとしたニットの波状も遮音パネルのような構造をしています。雑音を吸収して空間に静寂をもたらしてくれる一方、タイトルは「ポルカウェーブ」。ポルカ とはチェコスロバキアで生まれた早いテンポの民族舞曲のひとつです。落ち着いた 2 色を 互い違いに編み込んで、見た目にはリズミカルで心地よい模様であり、ユニークな作品に 仕上がっています。

   The undulating, geometric pattern of the 3D knit design was inspired by anechoic chambers (soundproof rooms). The walls, floor and ceiling of an anechoic chamber absorb acoustic waves, and the undulating shapes of the fluffy, round knit motif of this work are also similar to acoustic insulation panels. Ironically, while this work is modeled after noise-absorbing material, the work is titled “Polka Wave”. The polka is one of the earliest ethnic dances born in Czechoslovakia, with upbeat music. The two calm colors are knitted together in alternating rows, and this unique work appears rhythmical and pleasant.

DESTIKNIT®

Art to Change Your Destiny.